JR東日本の電車

▲(埼京線)左:E233系7000番台・右:205系

大宮支社川越車両センター(宮ハエ)所属

おなじみの埼京線の車両と、かつて埼京線を走っていた車両です。

▲(山手線)E231系500番台

東京支社東京総合車両センター(東トウ)所属

山手線の車両です。年中様々なラッピングを行っています。

E235系の導入により中央総武線への転属が進んでいます。

▲(京浜東北・根岸線)E233系1000番台

大宮支社さいたま車両センター(宮サイ)所属

数年前に導入された車両で、京浜東北線の営業列車(横浜線直通を除く)はすべてこの車両で運転されています。

▲(中央線快速)E233系0番台

八王子支社豊田車両センター(八トタ)所属

中央線快速の他、青梅線、五日市線、中央本線、八高線、富士急行などへも乗り入れる車両です。朝と深夜には中央線各駅停車としても走ります。

▲(東海道線)E233系3000番台

横浜支社国府津車両センター(横コツ)所属

上野東京ラインや湘南新宿ラインでも運行しており、E231系とは共通運用です。

西は沼津から北は前橋まで広域で運転している車両です。

▲(東海道線)E231系

横浜支社国府津車両センター(横コツ)所属

東海道線ユーザーにはおなじみの電車。大体はこの車両が来ます。一部横須賀線逗子や高崎線・宇都宮線にも乗り入れます。

 

▲(宇都宮線)E231系

大宮支社小山車両センター(宮ヤマ)所属

こちらもおなじみの車両。前面上部に「U~」の札があり、小山所属であることを示しています。黒磯や新前橋・前橋にも乗り入れます。